ホーム > 医療 > 自宅でバレない性病検査キット

自宅でバレない性病検査キット

性病検査キットといえば、昔は怪しいと感じる人もいたが、最近ではわりとポピュラーになったためか、利用する人が増えている。

私もその1人だ。

この性病検査キットの魅力は、私が思うところは2つである。

1つは匿名であること。

病院では医師や看護師がいるため、性器の露出や性病の話はなかなかしにくいため、どうしても恥ずかしさがでてしまう。

その点、性病検査キットは自宅でできるため、誰かに会う必要がなく、安心して利用できる点は、やはり大きいと思う。

また、24時間いつでも自分で検査できる点も魅力だ。

次に価格だ。

病院は全ての検査が出来るわけではなく、あくまでも最低限の性病しか検査しない。

さらに、初回は性病かどうかわからないため、初期費用が高くなり、その上で性病検査を実地するため、値段が高くなってしまう。

その点、性尿検査キットであれば、病院よりも値段が抑えられる上に、より多くの性病検査をできるのは非常に魅力である。

例えばだが、病院ではクラミジアや淋病あたりを調べるが、B型肝炎やマイコプラズマなどの検査になると、別途料金を請求される。

ところが、性病検査キットでは、クラミジアや淋病以外にも、B型肝炎・梅毒・HIVなど、性病と呼ばれるものは全てチェックできる。

もちろん、項目を増やせば費用は高くなるが、それでも病院よりもだいぶ安い。

だが、まだ利用されたことがない方にとって、その信頼性は心配になるだろう。

性病検査キットは病院の検査と同等の検査であるため、かなり安心して利用することができる。

そのため安心して利用して欲しい。

ただ、2点だけ注意が必要だ。

例えばだが、クラミジアに感染している場合、性病検査キットでは治療することができない。

これは他の病気でもそうだが、症状が出ていたり感染状態であった場合、病院で処方してもらうしか治す方法がない。

そのため、すでに症状がある場合、最初から病院で検査したほうが安くなり、同時に治療も出来るため、早期に治すことができる。

つまり、性病検査キットはあくまでも現状を知る道具であり、安心できるかどうかを調べるものである。

次に性病には潜伏期間が存在する。

風邪などもそうだが、大体の病気は体内に潜伏後に症状がでるのだが、性病も同じく数日から数週間で症状が現われる。

ある程度菌が増えてからではないと検査結果が反映されないため、スグに受けても効果がない。

詳しくは性病の潜伏期間で紹介されているため、こちらのサイトを参考にしてほしい。

さて、話を治療の方にすすめるが、性病を自然治癒で治したいと考える人も多いが、これは先ほども言ったが、自然治癒で治すことはほぼ不可能である。

この期間に症状が悪化したり、異性と性行為をしたときに相手に感染させる恐れがあるため、自然治癒は絶対に考えないほうがいい。

また、性病に感染していることを知って異性と性行為した場合、訴えられたりする可能性や犯罪になる可能性もあるため、絶対にしてはならない。

クラミジアや淋病・梅毒など、大体1ヶ月程度で完治するため、あまり深刻にならずに、さっさと治すべきだ。

感染が疑われる場合、泌尿器科・性病科・婦人科で調べてもらえる。

最後になるが、検査キットの結果で、クラミジアなどに感染していた場合、病院やクリニックに行くことになるが、その際に性病検査キットの結果を言えば、最初から費用が安くなるため、医師にその種を伝えて欲しい。

治療薬にはジスロマックが一般的であり、これはどの病院にいってもおそらく同じだろう。

これで治らなかった場合、ジスロマックとは違った系統の抗生物質が処方され、あとは随時検査結果を見ながら判断していくことになる。

性病は放置してもいいことは一切ないため、気になる方は安心のために、すでに症状が出ている方は早期治療のために病院に行くようにしてほしい。