ホーム > サプリ > 目の健康を手助けする栄養素

目の健康を手助けする栄養素

年齢を重ねると目は何かしらの病気になると言われています。

例えばですが、白内障や緑内障なども目の加齢が原因と言われており、近年はこの年齢層が高齢ではなくても若い世代でも発症することが問題視されています。

早い人だと30代後半に発症する方もいるそうで、パソコンやスマホなどの目に悪いブルーライトなどが原因ではないか・・・とも考えられています。

では、具体的にこれらを予防するにはどのようにすればいいのか、気になりますよね。

一番いいのは、パソコンやスマホ・テレビなどを使わないのが簡単な方法ですが、現代は仕事や連絡の手段として、パソコンとスマホは必須アイテムです。

そのため、現実的ではないので、これらの案はダメとなります。

では、その他の方法として考えられるのが、目に必要な栄養素を摂取するということです。

目に必要な栄養素として、たんぱく質があげられます。

細胞などの組織を新しく作ったりするのもたんぱく質なので、常に古いものから新しいものへと変えていけるたんぱく質は必須なのです。

その上で、皆さんもご存知のブルーベリーに含まれえるアントシアニンなどが有効となってきます。

このほか、ルテインやマリーゴールドなど、目に良いとされる栄養素はいくつもありますが、それを食事から摂取することは難しいです。

そのため、目に良いとされるブルーベリーサプリメントが重宝されています。

ただ、このブルーベリーサプリメントも、実は効果があるのか疑問視されることも多々あり、私自身も効果があるとは正直思えません。

サプリから摂取するのがダメなのか、それても根本的にアントシアニンなどが目の鋭意要素として効果がないのか、という結論になります。

そのため、私がおすすめする方法は、たんぱく質をしっかり取り、瞬きをして目の乾燥を防ぎ、よく寝ること。

これが目の健康を維持するために必要な、最低限の方法だと思います。