ホーム > お金 > スプレッドのマジック

スプレッドのマジック

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買して利益を生み出す取引です。

 

トレードの価格はいつも上がったり下がったりします。

 

それが為替です。

 

テレビのニュースをみていると外貨のレートのニュースが流れる状況があります。

 

よく見るのが「今日のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを示しています。

 

別の言い方をすると、外為取引には買値と売値の2つの価格が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示するFX会社もあったりします。

 

買値よりも売値のほうが低く設定されています。

 

あなたが買値は高く、売値は低くなっています。

 

その差分をスプレッドといい、取引業者の稼ぎのひとつといわれています。

 

スプレッド幅は会社によって異なります。

 

スプレッド幅は自分自身にとってコストになるので、狭いFX会社をピックアップするほうが得です。

 

ただ、同じFX業者でも場合によってスプレッドの狭さは変動します。

 

通常は円とドルの組合せで1銭のスプレッドの幅とは言っても市場の変動がかなり激しい場合には広くなったりするのです。

 

という訳で、スプレッド幅が狭いのと同様に変化が小さいのが不可欠です。

 

近頃では決まったスプレッドの狭さを見せる取引会社もあります。

 

実際にFX業者の売り買い画面の上で現実のレートを見て確認しなければ区別できないので億劫ですが大切な事です。

 

貴重なお金を投資して注文をしますので本当の売り買いの前に、魅力的に思えた会社の取引口座開設をして、示されているスプレッドを見ておきましょう。

 

同じペアでもそのタイミングの為替の変動率によって、通貨のスプレッドは変わります。

 

いつもはインターバンク相場で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が狭く、その他の通貨ペアではスプレッドの広さが広くなるのが普通です。