ホーム > 化粧品 > メラニン色素がシミの原因に!

メラニン色素がシミの原因に!

メラニン色素はシミの原因になるので、注意しはなければなりません。

皮膚は紫外線を吸収するとメラニン色素を作り出し、メラニン色素が皮膚に沈着するとシミになります。

メラニンは、メラノサイトという色素細胞で作られているのですが、紫外線がメラノサイトを刺激するとメラニンが生成されます。

メラニンは皮膚表面に押し上げられ、角質層になるとアカとしてはがれていくのですが、上手くいかずに皮膚に残るとシミになります。

紫外線はシミの原因の一つで、そこには、メラニン色素が深くかかわっています。

http://parurena.biz/

紫外線は肌の奥の真皮にまで達し、肌のハリや弾力をキープするコラーゲン線維やエラスチンを傷つけてしまいます。

そして、線維芽細胞にダメージを与え、コラーゲンやエラスチンを生み出す力も衰えさせ、結果、シミを作ってしまうのです。

プラセンタが対処法としては有効で、酵素の働きを抑制する効果があるので過剰なメラニンが作られにくくなります。

そして、皮膚の新陳代謝を活発にする作用もあるので、生成したメラニンが皮膚表面に押し上げられやすくなり、シミができにくい肌になることができます。