ホーム > > 自己破産をする

自己破産をする

破産の際持っているローンに関してその保証人となる人がいるときにはあらかじめ話しておいたほうがよいでしょう。

 

再度、改めてお勧めしますが、負債に保証人が存在するときは、破産申告前にきちんと検討する必要があります。

 

なぜならば今あなたが破産宣告をして免責されるとその保証人がみなさんの負債をいっさいがっさい果たす義務が生じるからです。

 

やはり、自己破産前に保証人になってくれた人に現在の状況を説明して、謝罪をしておかなくてはならないでしょう。

 

これらは保証してくれる人からすれば当たり前のことです。

 

債務者のあなたが自己破産をするためにとたんに数百万もの負債が発生してしまうわけですから。

 

そして、以後の保証人になってくれた人の考慮する道は以下の4つです。

 

一つめは保証人が「全部弁済する」ということです。

 

その保証人がそれら大きなカネをポンと返済できるようなキャッシュを用意しているならばそうすることが可能でしょう。

 

ただむしろ、あなたが破産宣告せずにその保証人に立て替えを依頼して保証人となる人に月々一定額を返済するという選択肢もあるかと思います。

 

もし保証人が関係が親しいのであれば少しは期日を延ばしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

 

たとえ耳をそろえて弁済不可能だとしても、業者も相談により分割支払いに応じることもあります。

 

あなたの保証人に破産申告をされてしまうとお金が一銭も戻ってこないリスクがあるからです。

 

保証してくれる人がその返済額を代わって負う財力がなければ借金しているあなたとまた同様に何らかの方法による債務整理をすることを選ばなければなりません。

 

続いてが「任意整理」によって処理することです。

 

これは債権者側と話し合いを持つ方法で数年の期間で弁済する感じになります。

 

弁護士事務所に依頼するときの経費の相場は1社ごとに約4万円。

 

合計7社からの負債があればおよそ28万円必要です。

 

当然貸金業者との示談を自ら行うこともできないことはないですがこの分野の経験のない方の場合相手が自分たちに有利なプランを出してくるので、注意する必要があります。

 

くわえて、任意整理をするという場合も保証人となる人に負債を立て替えさせることを意味するのですから、あなたは時間がかかるとしても保証人に返済していく義務があるでしょう。

 

さらに3つめは保証人となっている人も債権者と同様「自己破産をする」場合です。

 

保証人となっている人も返済できなくなった人と同じように破産すればその保証人の借金も返さなくて良いことになります。

 

ですが、保証人がもし住宅等の不動産を所有している場合はその私財を没収されますし、司法書士等の職についている場合などは影響がでます。

 

そのような場合、個人再生という制度を利用できます。

 

4つめですが「個人再生という制度を使う」こともできます。

 

不動産を残して負債の整理をしていく場合や、自己破産では制限がかかる職業に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生による処理です。

シンキングタイム!

この方法なら自分の家は残せますし、破産手続きのような職種制限、資格制限が何もかかりません。